調査項目

ストーカー対策

ストーカーは平成12年に制定されたストーカー行為規制法によって刑事罰が科せられる犯罪です。
しかし、警察でもその対応に苦慮、ある程度の証拠を提示しないとなかなか捜査に動いてもらえないのが現状です。
一概にストーカーといってもその動機・形態・スタイルによって対策方法が違ってきます。
したがって慎重に分析する必要があります。

動機としては「好意の感情」によるものが多く「男性が女性を」というのが典型的なストーカーでありますが、「女性から男性へ」のストーカーも増加傾向にあります。
ストーカーの形態は「忍び寄る」「公然と言い寄る」「強引に近づく」「迷惑行為を執拗に続けて存在を誇示する」、特異なケースとしては、「暴行・傷害を加える」などと増長し大きな犯罪へと発展してしまうケースもあります。
当社はその行為を写真やビデオで撮影し証拠物件として司法に委ねる協力を全面的にしております。

調査項目一覧に戻る

BACK TO TOP